睡眠のゴールデンタイムと肌の関係

常に美しい肌を保つためには、食生活を気をつけることも重要ですが、睡眠に気を向けることも重要と言われています。
睡眠と肌の関係性として、睡眠のゴールデンタイムというものがあるようです。このゴールデンタイムとは、肌の再生を促すために働く成長ホルモンが分泌されやすい時間帯のことを指すもので、元々は22時から2時頃までの間と言われていましたが、最近では入眠後3から4時間経過し、脳下垂体から成長ホルモンが分泌される時間帯のことを指すようになっているようです。
このゴールデンタイムでは、肌の弾力や柔軟性、ハリを維持するために重要な肌の水分量を保つ機能があったり、肌のターンオーバーを促進して、古い皮膚を新しい皮膚に変えて、肌に起きているトラブルを改善するために働くと言われています。
ゴールデンタイムには熟睡しておくとこの肌を美しく保つための効果が高まると言われているため、できる限り質の高い睡眠を摂るようにするのが重要です。また、睡眠時間が不規則になると成長ホルモンの分泌量も減ると言われているため、毎日同じ時間に寝て起きる生活を取るのが大事のようです。

関連記事はコチラ

タモリさん直伝!無洗入浴の方法とその効果
目指せプルプルリップ!唇の荒れ予防とケアを知ろう!
石原さとみさんのようプルプルの唇を手に入れるために唇荒れの予防方法とケアをお勉強!