ストレス軽減効果絶大!プチ断食ダイエット

ダイエットした女性

 

そのダイエット、この先も続けていけそうですか?三日坊主になってしまってはいませんか?「ダイエット楽しい!」と、心底思えていますか?

 

賢くて美意識も高いダイエットマニアの中で話題のプチ断食ダイエット!
あなたも是非、ダイエット中もダイエット後も美しく笑顔になれる[プチ断食ダイエット]の仲間入りをしましょう。

プチ断食の方法をご紹介します!

いくらプチ断食ダイエットとは言え、食べる事が好きな方にとってはさすがに多少なりとも毎日我慢を強いられると言うのは中々酷ですよね...。

でも、大丈夫!このプチ断食ダイエットであれば、毎日ではなくなんと週末などのほんの1日だけで済むのです。

 

それではプチ断食ダイエットをご紹介致しましょう。方法は至ってシンプル!
一週間の内1日だけ、水分だけの日を設けてその日だけは一切固形物は口にしないと言う方法です。
これは必ずしも水でなくてはならないのではなく、あくまでも水分補給のみと言う事であり固形物は摂取しないと言う意味です。

 

数ある飲み物の中でも、やはり天然水やお茶などがお勧めではありますが、中には「あまり味のない飲み物はどうも苦手...」と思われる方もいらっしゃいますよね。
そんな方の場合には、何もお水やお茶だけに限定して強いストレスを感じる必要性はないのでどうぞご心配なく。

 

当然ながらアルコールは以ての外ですし、通常のジュース類などはその分カロリーも高めなので正直お勧めは出来ませんし、本当にダイエットを成功させていのであれば控えた方が結果的にあなたの為になるでしょう。

 

要するに、この水分でのプチ断食ダイエットの狙いは「毎日の食事で稼働し続けていた内蔵を休ませてあげる」と言う事なのです。
固形物が内蔵に入り込むとその分活発に動き出しますので、水分で労わってあげましょう。

 

プチ断食のダイエット効果とは?

プチ断食ダイエットの効果をまとめますと、代謝のアップ・体脂肪の燃焼・便秘の解消が挙げられます。
よく「体重は減っているのに、その割に見た目には然程変化が見られない...」なんて事ありませんか?
定期的に実施する事によって、健康的な心や体を構築させ単なる数字的な体重だけでなく着実に痩せられて美しいダイエットへ結び付けられるのです。

 

プチ断食はいつするのがおすすめ?

職種などによっては異なりますが、基本的に平日は仕事三昧な方が数多くいらっしゃるとおもうので、基本的には家にいる週末(休みの日)がオススメ。。
仕事がある平日に行ってしまうと、体を動かしていることも有り食事を取らないのはかなり辛いです。消費カロリーが摂取カロリーを上回るので、一時的には痩せる可能性もありますが、反動で食べてリバウンドしたり、ダイエットが続かなかったりとメリット以上にデメリットが大きいため休みの日に行うのがいいと思います。

プチ断食の水分補給にオススメな飲み物

水分補給

 

ではそんなプチ断食に欠かせない水分補給にオススメな飲み物をご紹介します。

 

夏場のプチ断食にオススメな飲み物

レモン水
プチ断食中の水分補給には、レモン水がお勧めです。
お水を飲む事に慣れていらっしゃる方であればシンプルにお水だけでも良いのですが、特に夏場や少しリフレッシュをしたり喉越しや後味などを良くしたいなと思われた時には、このレモン水がお勧めですよ。

 

レモン水の簡単レシピ

まず、お好みの量のお水を用意します。
そして、コップであればその中にレモンスライスを約1枚入れて、お好みに合わせてほんの少量だけガムシロップを入れれば出来上がりです。

 

外出先で手軽で気軽に飲みたい場合には、500mlなどのペットボトルを用意して同様な要領で作ります。
ただペットボトルの場合は、レモンスライスを丸ごと入れるのは難しいので、お好みの量に合わせてレモン汁を加えたり、小さくカットして入れると良いでしょう。
(※しかしカットレモンを入れる場合には、あまりに大きかったり大量に入れてしまうと結局は固形物ですので、程々にしておきましょう。

 

それから、レモンの種が入り込まないようご注意下さい。)
スーパーなどに売っている加工が施されている既製品のレモン汁よりも、果物そのものをご使用になられた方が余計なものが入っていないですし、レモン特有な風味をお楽しみ頂けるでしょう。
※暑い時期であれば尚の事、保管に充分にお気を付け下さい。

 

冬場のプチ断食にオススメな飲み物

紅茶
冬場にはお湯や紅茶に生姜をトッピングするのもお勧めです。
体の芯から温まり代謝のアップにも繋がってデトックス効果も期待出来ますし、ダイエットと同時に風邪気味や病中などにも適していると言えるでしょう。

 

因みに使用する生姜についてですが、市販品のチューブタイプでもそのままの生姜でもどちらでも構いませんのでお好みの物をお選び下さい。
しかしチューブタイプは自然な生姜に比べて様々な調味料などが含まれていたりするので、こだわるなら生姜をミジン切りにしたり剃ってものを使ってみるといいと思います。

 

特に食事を抜いた時は糖分の摂取も大変重要ですので、生姜入りの紅茶に白砂糖ではなく黒糖を入れて飲むといいでしょう。これによって、吸収が排泄の妨げになってしまうのを防ぐ事が出来るのです。
生姜と黒糖入りの紅茶を飲む事によって、排尿や排便の促進効果を期待出来るだけでなく血液の浄化効果をも期待出来るのです。同時に水分・糖分・ミネラル・ビタミンを摂取する事ができ起床時特有な憂鬱さや体の不調などをスッキリ解消してくれますよ。

 

ただ入れすぎると、逆に太ってしまう原因にもなるので入れすぎには注意!

 

どうしても炭酸飲料や濃いめな味を欲した場合には、当然ながら多量の摂取はお控え頂きたいのですが、例えば炭酸水と100%のオレンジジュースなどを1:1位に割って飲まれると良いでしょう。

(※ただし胃腸の調子が悪い時は、炭酸水がより刺激になってしまう可能性が充分に有り得ますので、控えたほうがいいかもしれません)

 

その他にも、流行りのグリーンスムージー・野菜ジュース・酵素ドリンク・紅茶などでも良いでしょう。
紅茶であればホットでもお楽しみ頂けますので、冬場や寝る前などに特にお勧めです。
レモン水同様に、たまには紅茶にレモンを添えてみるのも良いでしょう。

プチ断食ダイエット中にどうしてもお腹が空いたら…

ヨーグルト

 

プチ断食中の一番の敵は空腹です。「一日食べないくらなんてことない!」と思っている方もいるかも知れませんが、これが結構きつい!特に最初はきついです。
そこで空腹対策にもってこいの食事をご紹介します・

 

その1つ目は、ヨーグルトです。
液体過ぎず固形過ぎないと言う何とも絶妙な形状や食感が、水分にうんざりしてしまっていたあなたの心をそっと救ってくれるでしょう。ダイエットだけでなく、肌にも良い影響を与えてくれる優れモノですので一石二鳥と言えるでしょう。
ヨーグルトには、良質なビタミン・カルシウム・タンパク質などが豊富に含まれているので、免疫力のアップ・風邪予防腸内環境を整えてくれるのです。その他にも、自律神経をリセットさせてくれるのでプチ断食ダイエットに適していると言えます。

 

2つ目は、野菜ジュースです。
ヨーグルトほど腹持ちはよくありませんが、水に比べると空腹を紛らわせられることができます。
野菜ジュースには野菜や果物などが豊富に詰まっている分、果糖が含まれておりますのでお水やお茶類が苦手な方でも割と飲み易い作りになっておりますし、風味を楽しみつつ糖分不足も解消出来ると言うメリットがあります。

※ただし市販品の大半は余計に糖分が含まれているので、市販品の野菜ジュースをオム場合は多くとも、1日に約500ml程度に抑えておきましょう。

可能であれば、ご自宅でミキサーに掛けた新鮮で非常にシンプルな野菜ジュースを飲まれる事をお勧め致します。野菜や果物・砂糖の量などを自分好みに合わせられると言うメリットもあります。

プチ断食ダイエットの注意点は2つ!

プチ断食をするときの注意点

 

より安心安全に、そして効率良くダイエット出来るように予め注意点をしっかりと把握しておきましょう。

 

まず1つ目は、体を翌日のプチ断食ダイエットに向けて慣らす為にプチ断食ダイエットを行う前日の晩ご飯の量を通常よりもやや少なめに抑えておきましょう。
たったの1日とは言え、「明日はプチ断食の日だから、今日はまだ沢山食べちゃおう!」なんてあまりにギャップがあり過ぎると、内蔵が驚いてしまいますしそれだけに限らずあなたの心も早い段階で悲鳴を挙げてしまうでしょう。

 

2つ目は、無事にプチ断食ダイエットを終えた翌日に関してです。プリ断食ダイエットにおいて重要視すべき点はこの回復日なのです。
朝食の時点で固形物を口にしても良いのですが、上記同様にギャップがあり過ぎると内蔵が驚いてしまいますので、最初の内は少量ずつ様子を見ながら食事をとる様に心掛けましょう。

お肉などの脂の量が多い物や中華料理などの比較的に刺激の強い食べ物は控えておきましょう。ダイエット云々以前に、体調不良に陥ってしまう可能性があるからです。栄養バランスのとれた、消化の良いものがいいですね。

せっかくプチ断食ダイエットの1日を乗り越えて、大きくなっていた胃がせっかく小さくなったにも関わらず急に食べ過ぎてしまうと胃の大きさが次第に戻ってしまいますし、それによって最悪の場合にはリバウンドの可能性も全くないとは言い切れませんので、くれぐれも勢いで食べるのではなく通常の食事量に戻していく為に、約2日を目安に徐々に食事の摂取量を増やしていく様にしましょう。